Pocket

パワーストーン

パワーストーンを生活の一部として取り入れるためのポイントとは、いったいどんなことなのでしょうか。



実は「産地」によって違う? 原石のパワーとは

パワーストーンは天然石であることから、原石の産地によっても効果が違うことがあります。

たとえば代表的なパワーストーンである「水晶」も、中国産・ブラジル産・ヒマラヤ産など産地によって、結晶や輝き・形の違いがあるのです。

形状や内容物まで異なると、当然原石のパワーも変わってきます。

水晶には石英上に多数の柱状化した水晶が集合したものがありますが、これを「水晶クラスター」といいます。

この水晶クラスターの上にパワーストーンを載せておくと、パワーストーンの浄化の作用を高めてくれる働きがあり、また、水晶クラスターは部屋の浄化も叶えてくれるので、一つは持っておくととても便利なパワーストーンですが、この水晶クラスターにも、産地によって違いがあるのです。

ヒマラヤ産の水晶クラスターは、鉄分によってピンクや黄色がかった色のものがあったり、ほかの産地の水晶がガラスのように透き通った輝きを放つのにくらべて、緑泥石や酸化鉄などが表面をコーディングしているため、若干かすれたような表面を持つのが特徴です。

標高の高いヒマラヤ山脈で採れるため、「天空とつながり、瞑想の補助をする」というパワーを特に発揮します。

一方、ブラジル産の水晶クラスターは、透き通った表面が特徴であり、まるで不純物のまったくない氷のような抜群の透明度を誇ります。

水晶のきらきらしたイメージそのままのパワーストーンです。

パワーストーンには「クラック」と呼ばれる細かい亀裂やひび割れに光が差し込むことによって、まるで虹のような七色の光を放つものがありますが、この虹の浄化作用はとても高いため、虹の美しいパワーストーンはそれだけで人気があります。

このブラジル産水晶は、その「虹」が美しいことで有名で、浄化の作用はほかの水晶よりもとくに高いのです。

中国産の水晶クラスターは、ブラジル産の水晶と同じく透明度がとても高く、ものによっては、ブラジル産のものよりも透明度が高いものもあると言われています。

また、中国産の水晶クラスターの最大の特徴はその美しい「ポイント」です。ポイントとは、「単結晶」のことを意味していますが、中国産のものはとても細く、先も尖っているものが多いのが特徴です。

ポイントは、ピラミッドと同じように、一点にエネルギーを集める効果が高いため、エネルギーを活性化する作用がとくに強いと言われています。

このように水晶一つとっても産地によって違いがある、ということを覚えておきましょう。

大きな原石はどこに飾ればいいの?

大きな原石はそれだけでも存在感がありますが、自分の浄化したい空間(たとえば書斎や寝室など)の窓際や、いつも使っている書斎の机の上など、なるべくいつも目の届く空間に置いておくのがおすすめです。また、なるべく明るい空間に置くようにしましょう。

ただし、石によっては太陽光に弱いものもあるので、石の注意点をしっかりと理解しておくことも大事です。

大きな原石には、それだけ多くのパワーが秘められています。

そんなパワーを最大限生かす方法は、自分のなりたいイメージをその石に同化させることです。

その石を見るたびに、自分のプラスのイメージを思い浮かべてみましょう。

石に良いイメージを植え付けることは、良い気を原石に送ることにもつながり、自分自身の潜在意識にも強く働くようになるので、願望を叶える近道となります。

原石の色が変わったり、欠けてしまった時のケアは?

天然石であるパワーストーンは、日々変化しています。

変色自体は特に珍しいことではなく、日々少しずつパワーストーンはそうして変化していくものです。

ただし、朝起きたら昨日とまったく色が変わっていたり、突然ひびが入ってしまっていることがあります。

そんな時は、パワーストーンが自分の身代わりになって邪気を吸い取ってくれ、警告してくれているのだと考えましょう。

また、変色してしまったパワーストーンは「パワーが減ってしまったのかも…。」と感じるものですが、実際には変色したからといって、エネルギーが劣化するということはありません。

いつより浄化をこまめに行い、常に感謝の気持ちをもって接することを忘れずにいましょう。

パワーストーンが割れてしまったときは、石があなたの身代わりになってパワーを最大限に使いはたしたというサインです。

感謝の気持ちをこめて海や山、川など自然に帰してあげるのがおすすめです。