Pocket

パワーストーン浄化法

パワーストーンを学んでいくと必ず『浄化』というキーワードが出てきますね。
この浄化とは、「石の持っているエネルギーや波動をクリーンな状態にもどす」こと。
石は、毎日身に着けているうちに人のマイナスのエネルギーや悪い念を吸収しすぎて、パワーダウンしてしまいます。



パワーストーン浄化法

輝きを失ったり、ひびがはいったり、石の色が薄くなる、ブレスレットのゴムが急に伸びる、など目に見える変化があることもあります。
そこで浄化をすることによって、石本来のパワーを元に戻してあげるのです。

浄化は、最初に石を手に入れた時(もしくは、購入した時)はもちろんのこと、その後定期的に1週間ごと、実際に願いが叶ったり変化が訪れた時に、感謝の気持ちを込めて必ず行うようにしましょう。

下記の方法は、浄化の具体的な方法となります。
石にあった浄化法を選び、石についたマイナスのエネルギーをこまめに浄化するようにしましょう。

水を使った浄化

流水に3分間のほど浸しておきましょう。

また、流水にさらすのが難しい場合は、水を張ったボールに1昼夜おいておくのもいいでしょう。

浄化が完了したら、ていねいに柔らかい布で水分をふきとります。(本来は自然の水(川の水や海水など)が望ましいのですが、水道水でも可能です)

太陽光での浄化

太陽の光にあてることで、自然のエネルギーを充填させる方法です。

日の出から10時くらいまでの太陽の光が一番エネルギーに溢れている時間帯となるため、その時間帯に、当てるようにしましょう。

日差しが強い場合は10分ほどでOKです。明るい窓際においておくのもいいでしょう。

ただし、太陽の光に弱い石も多いので注意しましょう。

月光での浄化

すべての石に対応できる浄化法です。

満月の日に行うのが一番理想的です。

それが難しいようなら、新月以外の月光が当たる窓際などに石を置いておき、自然のエネルギーを増幅させましょう。

この方法はどのパワーストーンにも有効です。

お香での浄化

お香を炊き、その煙の中にくぐらせる浄化法です。

香料の入っているお香ではなく、ナチュラルなものがおすすめです。

また、浄化作用の強い、乾燥したセージの葉を燃やした煙にくぐらせるのもいいでしょう。

水晶での浄化

水晶はとても強い浄化作用をもった石です。

そのため、水晶の近くにパワーストーンを一晩ほど、置いておきましょう。

パワーストーンの透明度が落ちている時は、柱状になった水晶が集合したクラスターと呼ばれる水晶(より強い浄化作用あり)の側に置いておいたり、上に載せておくのがおすすめです。

パワーストーンのエネルギーを充填させる効果があります。

塩での浄化

自然塩を用意し、パワーストーンをその上に載せておくか、塩の中に埋めて数時間から一晩置いておきましょう。塩には、パワーストーンのマイナスのエネルギーを吸収する作用があります。

そのため、浄化に使った塩は料理などには使わないようにしましょう。

ただし、塩分に弱い石もあるので注意が必要です。

音での浄化

クリスタルチューナーと呼ばれる音叉や、ベル、心地のよいヒーリング音楽などをパワーストーンに聴かせるようにします。

清浄な音の振動は、パワーストーンとも共鳴し、浄化を促します。