Pocket

【スポンサーリンク】


ネット婚活 遠距離

ネット婚活で遠距離恋愛をスタートさせ、結婚した友人がいます。

彼女との出会いはちょうど私たちも遠距離恋愛をしていた頃で、ネットを通じて知り合いました。

ただ私たちも結構遠く離れた街でそれぞれ暮らしていたため、もっぱらスカイプでお悩み相談をしてました。

それで、なぜ今日はネット婚活で遠距離恋愛のお話かというと、その友人と久しぶりにおしゃべりをしたからです(笑)

ネット婚活で遠距離恋愛を成功させるには、やはりそれなりの理由があることに気が付きました。

ネット婚活ってなに?

【スポンサーリンク】


ラファエルラファエル

くらげさん、ネット婚活って知ってる?

くらげさんくらげさん

知らないよ。わたくしにわかりやすく教えてちょうだい

ネット婚活の意味がわからない人のために、ネット婚活のことを簡単に説明しますね。

ネット婚活とは、広い意味で解釈すると「インターネットを利用した結婚相手を探す活動」がネット婚活になります。

たとえばこちらのブライダルネット のような無料で登録できる婚活サイトに特化したものではなくても、友人繋がりでSNSなどを通じて知り合い、結婚に至るカップルも少なくありません。 このような場合も広い意味で解釈するとネット婚活といえるでしょう。

ネット婚活で遠距離恋愛

私の友人のように、ネット婚活で遠距離恋愛をスタートさせ、ちゃんと結婚した人もいます。

なにもネット婚活からスタートしたからといって、特別なことはありません。

遠く離れているからこそ、お互いのことを思いやり、大切にしていくことは変わりません。

ただやはり遠距離恋愛の末に結婚されている方々のお話をきいてみると、いくつかの共通点がありました。

すべてにおいて、出し惜しみをしない

ネット婚活をしている男女に共通して伝えたいことは、とにかくすべてにおいて出し惜しみをしてはいけないということ。

たとえはデートをした場合、遠距離恋愛中はどうしても時間、そして旅費交通費などがかかってしまいます。

休日の一日はすべてデートの時間となり、食事をしたり遊んだりするお金、そして移動費宿泊費はどうしても飛んでいってしまうものです。

たしかに人それぞれの生活もありますから、一概に「無理してでも会いにいきなよ!」とは言いません。

ですが、少しでも余裕があるのなら、時間やお金を出し惜しみすることなく、相手に会いに行きましょう。

電話やメールよりも、やはり本人と直接会うのが一番の幸せだと思うから。

面倒だと思わない

相手に会いに行くことを面倒だと思わない。

たとえば北海道と広島のように、本当に遠く離れていたら頻繁には会えません。

だけど、車で数時間かけて会いにいける距離ならば、面倒だと思わずに会いに行くべきです。

相手に多くをのぞまない

ただでさえ遠く離れているのだから、相手に負担をかけるようなことはしないこと。

これは遠距離に限らず、どのカップルや夫婦にも言えることですが、多くのことをのぞめばのぞむほど、相手も窮屈に感じてしまいます。

相手を思いやる気持ちはとても大切です。

チャンスを逃さない

友達から恋人へ。

恋人から夫婦へ。

結婚までの道のりには段階があり、告白をするタイミングやプロポーズのタイミングって本当に重要。

友人やネット婚活のアドバイザーに相談した際、「このチャンスを逃さないでね」とアドバイスをされたら、素直に従ってみることも大切。

チャンスの女神の前髪はとても短いという言葉を聞いたことがありますけど、ほんとそうだと思う。

だからみなさん、「これだ!」と思ったチャンスを逃さないでくださいね!

相談できる相手がいる

ネット婚活をしていても、またそうでなくても生きていれば悩みはつきもの。

そんなとき、きちんと相談できる相手がいたら、本当に救われることが多々あります。

相談する相手は友人でも、身内でも、またはパートナーエージェント のようなネット婚活サイトの方でもいいと思います。

一人で悩んでいても、解決しないことばかり。

悩んでいる時間って、ほんとムダだと思うのね。

だからそんなときは、誰かにちゃんと相談したほうがいい。

相談すると、少しだけでも心が軽くなると思うから。

 

以上、ネット婚活で遠距離恋愛の末に結婚した友人のお話でした。

【スポンサーリンク】