Pocket

遠距離恋愛の連絡手段に欠かせないのが電話やメール、LINEなどを使っている方が多いと思いますが、遠距離恋愛をしていると些細なことがきっかけでケンカになり、連絡が取りにくくなりことがあります。

これは遠距離恋愛ではなくても同じことが言えますが、相手にきつく言ってしまったあとで後悔することばかり。

特に遠距離恋愛では連絡が取れなくなると、逆に相手のことが心配なり居ても立っても居られない。

そんな経験がわたしにもありました。

今回は相手に気をつかわない言動や愚痴ばかりなどなど、遠距離恋愛中だからこそ実践したい連絡テクニックをご紹介します。

遠距離恋愛の連絡テクニック

遠距離恋愛 連絡

遠距離恋愛の連絡テクニックとは、どんなものがあるのかな?

テクニックというか、ほんの少しだけ相手に気をつかうようにすればすぐに実践できるものばかりです。

  • 連絡の内容は物足りないくらいがちょうどよい
  • 連絡に見返りを求めない
  • 連絡をくれたのにイライラしない
  • 連絡をくれた相手に感謝する

連絡の内容は物足りないくらいがちょうどよい

遠距離恋愛ではなくても、すべての恋愛において連絡の期間が空いてしまう状態は危険信号。
飽きが出たり倦怠になったりと、別れてしまう原因になる恐れがあります。

 

ただ過度の連絡は逆に、相手に重く感じられてしまうこともあります。

これは普通の恋愛にも同じことが言えます。

ウザい女は嫌われます。これは本当です。

大切な恋人にストレスを与える存在にはなりたくないものです。

遠距離恋愛中の連絡においては「もう少し話したいな」くらいがベスト。

本当は次のデート先のお話もしたいけど、それは明日にしようくらいが、会話の途切れもなく、前向きなお話ができます。

 

連絡に見返りを求めない

これは遠距離恋愛ではなくとも、普段生活をしているとついつい相手に対しやってしまうことがあります。

 

特に遠距離恋愛で見返りを求めてしまうと、会えない不満が溜まっている心に火をつけてしまうようなもの。

さきほども書きましたが、相手にストレスを与えてしまうのは絶対にやめましょう。

次第に連絡すること自体に嫌気がさし、別れてしまう原因にもなります。

 

見返りを求めない姿勢は必ず相手に伝わります。
そういった相手を思いやる優しい姿勢が、遠距離恋愛を長続きさせるコツなのです。

 

連絡をくれたのにイライラしない

「なぜ電話したのに出ないのよ!」「メールの返信が遅いんだけど!」

これは私もありましたが、遠距離恋愛では彼の様子が分からないので、連絡が遅れたときはイライラしっぱなしでした(笑)

 

でもね、そのイライラをぶつけていては相手に嫌になるだろうし、結果、遠距離恋愛は長続きしません。

短気は損気。イライラしてきたら、気分転換をしてみましょう。

 

相手に不満をぶつける代わりに「連絡が遅かったけど、何かあったの?」と訊いてみましょう。

遠く離れているからこそ、気づかいを大切なのです。

 

連絡をくれた相手に感謝する

遠距離恋愛をしていると、ついつい「連絡をくれるのが当たり前」な考えになりがちです。

 

遠距離恋愛中って、マメな連絡を心がけているので当たり前なのですが、相手にも仕事があり友達との付き合いだってあります。

 

忙しいなか連絡をくれた相手に「ありがとう」と一言伝えてあげるだけで、相手は喜んでくれるはずです。

遠距離恋愛の連絡テクニックまとめ

  • 連絡の内容は物足りないくらいがちょうどよい
  • 連絡に見返りを求めない
  • 連絡をくれたのにイライラしない
  • 連絡をくれた相手に感謝する

たったこの4つをやるだけで、スムーズな遠距離恋愛の連絡を行うことができます。

相手にストレスを与えない、うざい女にならないように気を付けましょうね。