Pocket

遠距離恋愛中に相手とケンカをするというのはツライものですよね。

早く仲直りしたいけど、相手の顔を見ることもできないし、もしかしてこれがきっかけで最悪なことになったりするのではないかという、やりきれない不安を感じることもあります。

 

私たちもよくケンカをしていたので、遠距離恋愛中のケンカが自分にどのように跳ね返ってくるのかはよくわかっています。

遠距離恋愛中のケンカは顔をすぐに合わせることができないということから、近くで一緒にいるカップルよりもさらに不安が大きくなってしまいますよね。

 

そんなときにはすぐに仲直りをすることができる方法があれば知りたいという人はたくさんいるでしょう。

 

遠距離恋愛中のケンカの原因は?

遠距離恋愛 ケンカ

遠距離恋愛中にケンカになる原因で多いのは、会いたくてもなかなか会えないというもどかしさからというものが多いといいます。

 

近くにいればすぐに会うことができるのに。

このような不安や寂しさからなので相手にその気持ちを素直に伝えることが大切です。

 

ケンカをしている状態が長くなればなるほど自然消滅をしてしまうのではないかという不安は募ります。

まずはケンカの原因をきちんと話し合いましょう

 

 

仲直りの方法

相手と自分のどちらにもケンカになって原因がある場合はお互いに伝えることで、意識をして気をつけることができるようになりますよ。

 

最近はSNSなどで会話をすることもできますが、ケンカをしたときはできれば直接声を聞きながら話をしてみましょう。

 

そのほうがきちんと相手の声から感情を感じることができますし、顔を見ることで相手に素直に気持ちを伝えることができることも多いです。

 

遠くにいるから会えないのなら会いに行ってしまうというのもいいでしょう。

 

直接顔をみて話をして、気持ちを伝えることでもどかしさも解消することができるかもしれません。

 

遠距離恋愛の経験からケンカをしたときには素直になるのが一番いいということを言いたいです。

 

相手に直接会えない場合は手紙を書いてみるのもいいでしょう。

 

相手に素直な気持ちを伝えて、相手にも自分の気持ちを教えてもらうことでお互いに素直になる大切さを感じることができます。

 

相手の顔を見ることができない、声を直接聞くことができないというのは思った以上に寂しさや不安を大きく感じるものです。

 

  • 直接声を聞きながら話をする
  • 会って話をする
  • 手紙を書いてみる

 

遠距離恋愛中のケンカを回避する

 

遠距離恋愛をするときには、お互いに決まりを作っておくのもいいかもしれません。

 

私の場合はパソコンから顔を見ることができるように週に一度はカメラをつなげようと約束。

 

もし忙しくてムリという場合は前日に必ず連絡をすること、また相手から返事がこなくても、しつこく何度も確認をしないなど色々な決まりを作ってお互いに守るようにしました。

 

お互いに不安に感じにくい状況をあらかじめ作っておくというのもケンカを避けるコツかもしれません。