Pocket

遠距離恋愛が嫌になることがある。
以前、同じく遠距離恋愛中の女性とお話をしていたときに彼女が嫌になる理由をツラそうに伝えてくれました。

 

理由は「なかなか会えないこと」や「結婚への不安」のようですが、ふと自分のことを振り返ってみると「そんなことがあったな」と思い出したことがあります。

 

遠距離恋愛が嫌になってしまう瞬間は?

遠距離恋愛 嫌になる

この記事を読んでくださっている方のなかには、遠距離恋愛を経験したことのある人や、今、遠距離だという人は多いと思います。

 

国内だけでもツライのに、恋人が海外にいるなんていう方もいらっしゃいますよね。

 

そのようななか、近くにいれば感じないけど遠距離だと感じてしまう嫌なことも多いです。

 

そこで今回は遠距離恋愛がつい嫌になる瞬間を男女別にご紹介していきます。

 

遠距離恋愛中の男性編

一概にはいえませんが、男性で遠距離恋愛をされている方は、金銭面でツライなと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

私はワリカン派でしたが、最初は彼がそれを許してはくれず、いつも食事代は彼が払ってくれていました。

 

あまりムリをすると負担がかかりますので、途中から3回に1回は私が払うようにしました。

 

男性は女性を「守らなくては」と考えている方が多いので、ついつい全部自分がとなってしまうようです。

 

寂しいと言葉にすることができない

男性の多くは「男性は女性を守らなければいけない」と考えています。 精神面や金銭面などがそのパターンですが、ここでは精神的に強くないといけないという思いが働いてしまうことが原因で、なかなか寂しくても言い出せないことがよくあります。

会いに行くのにお金がかかる

金銭面でも女性を守らないといけないという上の理由がここでは当てはまります。
普通に遠距離ではなくても、食事などに行けば男性が払うということは普通にあり、それと同じ理由で、更に会いに行く交通費もかかるとなれば男性にとっての出費は痛いです。

遠距離恋愛中の女性編

自分の経験談をもとにまとめてみました。
だいたいの遠距離恋愛中の女性が私と同じツラさや悩みを持ち、嫌になることがあるのではないでしょうか。

 

連絡が取れない時

女性は心配性な方や、こまめに連絡を取りたいという方が多いです。
もちろん彼のことを信用していないわけではないんだけど、姿が見えないと心配してしまうものですよね。

 

落ち込んでいる時にそばにいて話を聞いてくれない時

女性としては落ち込んでいる時に、優しく「どうしたの?」「話だけでも聞こうか?」と言ってくれるのを待っています。

ただ遠距離恋愛中では、そばにいてあげられなかったり、彼女の変化に気づかないこともあり、そのような気遣いができないことが良くあります。

 

結婚できるかどうかがわからない

このパターンは、長い間お付き合いしたカップルに多く当てはまるかもしれませんが、とくに長い間遠距離にいると、「このまま一緒になれないのかな?」「彼は結婚のことは考えてるのかな?」「結婚できたとしても離れ離れのままなのかな?」などと考えています。

女性は出産の関係で、男性よりも結婚のタイミングを重要視しています。

20代後半や30代前半の女性は、この問題が一番重要かもしれません。

 

遠距離恋愛が嫌になってしまう瞬間まとめ

いかがでしたか?

これまで遠距離恋愛をしている中で、自分のことだけではなく、相手がどんな気持ちでいるのか、なかなか推し量れなかった方もいらっしゃることと思います。

もちろん遠距離になれば、嫌になることも増えて当然です。

 

ただこれを機に相手の気持ちも察しながら、充実した遠距離恋愛を送れるようになるといいですね!