Pocket

遠距離恋愛をしていると、相手との連絡頻度を考えてしまうことがあります。

毎日連絡すると嫌がられるかな、でも連絡しないのも不安になる。
私も遠距離恋愛中の連絡の頻度には悩んだことがありました。

 

遠距離恋愛というのは物理的な距離が離れているだけに、適度に連絡をして精神的な距離を保つことが大切です。

それではどれくらいの頻度が適当なのかというと、これは結局カップルがどの程度で満足をするかどうかによって変ってきます。

 

結論からいいますと、「すべては相手次第」なのです。

連絡の頻度をどうするのか、最初にルールつくりをしておくのもオススメですよ!

 



遠距離恋愛のベストな連絡頻度を教えます!

遠距離恋愛 連絡 頻度

距離が近くても毎日メッセージが来ないと嫌だという人もいれば、距離が離れていても週に一度ぐらいで十分と考える人がいますから、二人が満足できる頻度でやり取りをすればよいということになります。

 

しかし、全体的な傾向から見れば直接出会うことができないだけに、メールやSNSのやり取りで心理的なつながりを求めたいという人は多いだけに、近距離恋愛より頻度は多いほうがよいといえるでしょう。

 

基本的には相手に束縛されていると思われたり、返答が面倒だと思われないのであれば毎日やり取りはしたほうがよいといえます。

 

映像通話でお互いの顔をみてお話する

最近はメールやチャットだけでなく、スカイプなどの映像通話もお金をかけずにできるようになりましたから、メールやチャットは毎日おくって週末のゆっくりと落ち着くことができるときだけ、映像通話をしてみるというのも効果的です。

 

二人の精神的な距離さえ近づけておくことができれば、連絡はそれで十分であるため毎日した方がいいと思えば毎日して、三日に一度ぐらいがちょうどいいと感じぐらいであれば三日に一度にしてみるように、二人の間で適切な頻度を調整することが何より大切。

 

回数は多いほうがよいとはいっても、お互いに都合というものがありますし決まった回数をしていればそれだけでうまくいくと考えるのも禁物です。

 

大切なのは、寂しいときに声が聴けること

 

カップルにとって大事なことは、寂しいと思った時にそばに居てくれる相手にしてくれるということですから、どれだけ日頃から連絡をしていても、肝心な時に相手にしてくれないとなっては意味がありません。

 

それだけに、回数も大事ですがタイミングというのも重要なものになるので、これだけ連絡をしていれば大丈夫と思うのではなく、相手が求めている時にそれに応えることができているかということを考える必要があります。

 

適切な連絡頻度というのは一概にこれだけといえるものはなく、近距離恋愛よりは多めにした方がいいということを踏まえた上で、二人が満足できる程度にすればいいということです。

 

少なくてよいと思えば少なくて問題ありませんし、毎日でもメールやチャット、電話をしたいというのであればそれもまた悪いものではないので、当人同士が満足できる感覚を大事にしましょう。