Pocket

遠距離恋愛中の彼と会う頻度はどれくらいがよいのでしょうか?

 

会わないと寂しくなるし不安になる。
でも会う回数が多くなると新鮮さがなくなるかも。

遠距離恋愛中の彼と会う頻度で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

頻繁に会えるカップルと違い、たまにしか会うことができない遠距離恋愛の場合、久しぶりに会うことで嬉しい気持ちになる人は多いでしょう。

 

今日は遠距離恋愛中の彼と会う頻度はどれくらいがよいのかを答えていきます。

 

遠距離恋愛中の彼と会う頻度はどれくらいがベスト?

遠距離恋愛 会う頻度

私の経験上、遠距離恋愛中の彼と会う頻度は多いほうがよいですね。
個人的な意見ですが、そのほうが安心感もあるし嬉しいじゃないですか。

 

ひとりでいると自分磨きのために時間を使えますが、それを見せる相手となかなか会えないのではこちらのテンションも下がります。

 

でも会えたときは、離れていた分の「会いたい気持ち」が一気に高まり、それまで想っていた気持ちをたくさん伝えてしまうこともあるはずです。

 

二人でいられる時間を大切にしようと、ベタベタと楽しむカップルも少なくないでしょう。

 

ただ久しぶりに会った時の感情は、そんなに単純なものではないこともあります。

 

これは私の友人のお話ですが、久しぶりに再会したら彼のようすがいつもとは違っていたそうです。

 

結局その友人は彼と別れてしまいましたが、相手との距離間の歯車がズレてしまうと二人の遠距離恋愛はそこで終わってしまいます。

 

それでも、会う頻度が多くなければ彼の異変も気づくことができません。

電話だけでは、わからないことだらけです。

対話することが、遠距離恋愛ではとても大切なのです。

 

変だな? 彼の反応に違和感を感じたとき

お互いに嬉しいのかと思いきや、実は内心では違った気持ちでいることも考えられます。

 

たとえば好きという気持ちよりも、よそよそしい感情の方が強く出ることもあるのではないでしょうか。

 

どうしたのかな?

 

付き合ってはいるものの、遠く離れて暮らしているため普段の彼の生活まで把握することはできません。

 

すぐ近くの身近な存在というわけでもなかったりするため、どこか気持ちが付いてこないこともあるのです。

そんなときはその原因を探ってみましょう。

 

原因を知る

表面的には久しぶりで喜んでいる場合でも、どのように話せばよいのかよく分からなくなっていることもあります。

 

心と心の波長が合わなくなっているとき、「何を話したらよいのだろう」と考えてしまいますが、それは相手も同じです。

 

しかも相手にその微妙な距離感を感じ取られ、お互いによそよそしくなってしまう気まずい状況にも発展しかねません。

 

そんなときでも、勇気をもって原因を調べてみましょう。

 

気持ちが離れているシグナル

恋愛相手と久しぶりに会うわけですから嬉しい気持ちになって欲しいところ、しかしながら遠距離が必ずしもよい具合に刺激になってくれることばかりではありません。

 

離れているゆえに気持ちが冷めてしまうことも多く、久しぶりの再会で恋愛感情を失っている自分に気が付くことがあるのです。

 

とくに近くに気になる人がいると余計に冷めやすいでしょう。

 

遠くの恋人よりも、近くにいる異性の方が気になってしまうという人は珍しくなく、結果的に別れてしまうカップルもいます。

 

  1. 目を合わせない
  2. よそよそしい
  3. 冷たい言動

遠距離恋愛に限らずとも、この3つが揃っていたら、気持ちが離れているシグナルです。

 

遠距離恋愛中の彼と会う頻度まとめ

結論として、やはり会う頻度は多いほうがよいです。
電話ではわからないことでも、会って話をしていたらわかることがあります。

 

遠距離恋愛は難しいとよく言われることがありますが、気持ちを維持することが難しいのが理由の一つであり、気持ちを途切れさせないように工夫しないと、うまくいかないかもしれません。

 

遠距離恋愛で相手に抱く感情は人それぞれですが、うまくいくことがあればダメになることもあります。

 

ダメになってしまった時には縁がなかったと諦めることも必要かもしれないものの、もし付き合いを続けていきたい場合はそれ相応の努力も必要と言えるでしょう。

 

たとえば小まめに連絡を取る、お互いへの信用を築く、定期的に会う時間を作るなど、努力次第で距離は縮められます。

 

遠距離恋愛の末に結婚をしたというカップルも多いですから、どのような結果になるのかはお互いの努力に掛かってきます。