Pocket

【スポンサーリンク】


遠距離片思い

遠距離片思いを成就させる、たった一つの方法。

今凄く凄く大好きな人がいるんだけど、遠距離片思いなんだよね。

そんな方に、私から遠距離片思いを成功させることができるかもしれない方法を教えちゃいます。

遠距離片思いの方の参考に、また背中を押せたら嬉しいです。

遠距離片思いを成就させる、たった一つの方法

【スポンサーリンク】


それはずはり、相手が誰かを必要としているときに、自分から行動してあげることです。

え?何を言ってるのかわかんない。

そんな人のために、実際にあったエピソードをお話しますね。

これは私が遠距離恋愛をしていた頃、仲良くさせていただいていた方(女性)が遠距離片思い中で、そのときに私が伝えたアドバイスの内容になります。

うろ覚えなので、すべて正確には覚えていませんが、彼女にお話しをさせていただいた内容を思い出しながら書いていきます。

片思いしてるのも遠距離恋愛するのも、ツライのは一緒

当時彼女が言ったこの言葉。

「片思いしてるのも遠距離恋愛するのも、ツライのは一緒」。

うん、本当にそうだと思ったから、私はあえて遠距離恋愛を真実を彼女に伝えました。

彼女は北海道に住んでいて、関東に住む友達(彼)に遠距離片思いしていました。
尚、現在はご結婚され、東京で幸せに暮らしています。

遠距離恋愛って、どこかロマンチックなイメージを抱いている人もいるんだけど、実際はツライことというか、苦労のほうが多いんですよ。

「大丈夫?本当に大変なことばかりだよ?」

彼女にそんな話をしつつ、それでも遠距離恋愛したいのかを訪ねてたら、やはり片思いしてるのも遠距離恋愛するのも、ツライのは一緒だから告白したいって言ったんです。

そこまで腹を据えているのであれば、止めるよりも応援してあげたくなるじゃない?

どうやってこの恋を実らせるか。

私のなかで意味のわからない闘志が漲ってきました(笑)

彼を好きになったきっかけ

彼女とその彼は以前から友達関係にあって、よく電話をしているようでした。
そんな彼がふと、電話口で「時々支えが必要」と言ったことそうです。
きっと、仕事で疲れていたのでしょう。慣れない土地で大変だったのかもしれません。

これまで自分に対して、弱いところを見せてくれなかった彼が、自分の弱さをさらけ出してくれた。
そう思った彼女、彼のことをぎゅってしたい、絶対に彼の安らぎになりたいと強く願ったそうです。

遠距離片思いからカップルになった理由

私が彼女にアドバイスをしたのは、「彼がもう一度、時々支えが必要、みたいなことを言ったら、すぐに東京へ行きなよ」でした。

そのために、お金をちゃんと貯めておいてねとも言ったと思います。

電話で相手に「時々支えが必要」というのだから、彼は本当に支えを必要としていたんです。

その支えは、もしかすると彼女に対して言ってるんじゃないのかな?と。

だから、一か八かの賭けではないですが、そう言ったらすぐに会いにいって、自分の気持ちを伝えてきなさいとアドバイスをしました。

 

やはりね、相手のことが好きなのであれば、ちゃんとそれを行動で示さないと相手には伝わりません。

私もそのことでよくケンカをしましたねー(笑)

 

好きなら好きって、ちゃんと伝えなきゃね!

相手だって、いつ誰と出会うかなてわからないんだから。

後悔したくはないでしょ?

 

好きという想いを伝えられないときの解決法

でもね、なかなかストレートに言えないものですよね、好きって。

だからそんなときは、「物に頼る」こともアリだと私は思います。

手紙、電報、メール、でも良いと思いますが、私が経験したなかで一番嬉しかったのはビデオメッセージでした。

これは男も女も関係ナシに、心に響くものがあると思います。

自分でスマホで撮影してみるのもいいし、面倒な場合は業者さんに頼んでみるのもいいかと思いますよ。

遠距離片思いのみんなが幸せになりますように!

【スポンサーリンク】